障がい者施設のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> 障がい者施設

障がい者施設のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級のお仕事は、入浴介助や食事介助、排泄介助をはじめとして、日常生活を自分1人で出来ない人のサポートをする事です。年齢を重ねると誰でも老化によって身の回りのそうした作業を一人で行うことは難しくなるため、ホームヘルパー2級のニーズが高くなりますが、介護が必要なのは必ずしも高齢者のみというわけではありません。障がい者もまた、日常生活の中で介護が必要となります。ホームヘルパー2級の資格を持っていると、障がい者施設からのニーズもあるため、求人募集が出されることはありますが、ホームヘルパー2級の資格に加えて精神保健福祉士など精神系の資格も持っていると、採用されやすくなります。

障がい者施設には、大きく分けて2種類があります。精神障がい者施設と身体障がい者施設です。それぞれ、患者さんがどのような介護を必要としているかが異なるため、働くスタッフに求められる資質や資格は異なりますが、ホームヘルパー2級の資格があれば身体障がい者施設では採用されやすいでしょう。近年では、身体障がい者施設の多くが、スタッフとして介護の仕事をするならホームヘルパー2級の資格を持っていることを条件としているため、持っていなければ応募することができません。そのため、ホームヘルパー2級の資格を持っている人にとっては、それほど狭くない門を潜り抜けて採用というチャンスも期待したいですね。

障がい者施設で働くホームヘルパー2級の職務は、基本的には介助のお仕事がメインとなり、入浴介助、食事介助、排泄介助をはじめとして、移動や移乗の際のサポートや、身の回りの介護ケアを提供することになります。高齢者ばかりが入居している老人ホームと比べると、障がい者施設の患者さんは年齢的に若い人も多く、体力的には高齢者ばかりの施設で働くよりもタフでなければ勤まらないことが多いものです。体力に自信がある人なら良いのですが、自信がない人だと、やりがいを感じることはできても体力的に難しくて仕事を続けられない事態にも陥りかねないので注意してくださいね。

また、障がい者施設では、患者さんとのコミュニケーションに加えて家族とのコミュニケーションもとても大切です。対人スキルやコミュニケーションスキルは、この施設で働くうえでは必要不可欠なスキルとなることは、あらかじめ理解しておきたいですね。もしもコミュニケーションスキルに自信がなかったり、あまり話すことが得意ではないという人なら、病院のような医療機関で働いたほうが気は楽かもしれません。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.