ショートケア・ショートステイのホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> ショートケア・ショートステイ

ショートケア・ショートステイのホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級が働く介護施設の中には、入居者が長期間滞在するわけではなく、短期間だけの滞在で自宅へと帰宅していくショートケアやショートステイをメインに取り扱っている施設があります。施設によって、ショートケアやショートステイのみを取り扱う所もあれば、入居者によって長期ステイとショートステイと異なるケースがありますが、介護施設で働くホームヘルパー2級にとっては、労働環境にそれほど大きな違いはありません。ただし、ショートステイの場合には、入居者が施設に慣れるかどうかというタイミングで退所してしまうことが多いため、入所したらできるだけ早く施設に馴染めるように気を配ったり、入居者が自分自身で生活のリズムを作るのを待つのではなく、こちらから声をかけて積極的に快適な環境づくりをサポートする姿勢が求められます。

ショートケアやショートステイを行う施設では、夜間も入居者が施設内で過ごすため、ホームヘルパー2級は夜勤が必須となる職場が一般的です。また、土日なども入居者のケアは必要なので、基本的に土日や夜間も含めてシフト勤務となることが多くなります。夜勤が2交代シフトになるか3交代になるかは、その職場によって異なりますが、こうした介護施設は急性期の患者さんを取り扱う病院ではないため、夜間に急に患者さんの容態が悪化するという事態は少ないでしょう。多くの場合には夜勤でも仮眠が取れる時間が設けられていたり、一睡もできずに忙しかったということは少ないですね。

また、こうした介護施設で夜勤を行うと、ホームヘルパー2級にも夜勤手当が支給されます。職場によって手当の金額は異なるため、仕事探しをする際にはその点もよく比較しながらピッタリの職場を選びたいものです。一回当たりの夜勤手当の金額がわずかの差でも、毎月何回も夜勤をすれば、塵も積もれば山となります。基本給の上にこうした手当が積み重なってお給料が計算されるので、ホームヘルパー2級で高額収入を得たい人にとってもピッタリの職場と言えるのではないでしょうか。

ショートステイの入居者は、どのぐらいの日数入所しているのかはその人によって異なります。しかし、入居者ごとに必要なケアや注意が異なるので、働く場合には細かい部分までしっかり頭に叩き込んで入居者のケアへ生かすことができる記憶力や頭の回転なども、こうした介護施設で働くホームヘルパー2級に求められる素質と言えるでしょう。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.