介護療養型医療施設のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> 介護療養型医療施設

介護療養型医療施設のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級のニーズは、介護療養型医療施設にもたくさんあります。介護両方型医療施設というのは、介護ケアと医療ケアを両方提供する施設のことで、多くの場合には病院が運営していることが多いという特徴があります。医師や看護師などの医療スタッフが常駐しているなど、介護系資格を持っているスタッフ以外にもたくさんのスタッフが働いている点は、他の介護系施設とは大きく異なる点かもしれませんね。介護療養型医療施設に入居している入居者は、比較的介護のニーズが高い人が多く、ホームヘルパー2級にとっては体力が必要となる職場です。食事や排せつ、入浴の介助が必要な入居者は多いですし、施設によっては体は元気だけれど認知症を患っている人も入居しているため、幅広い入居者のニーズにこたえなければいけません。ホームヘルパー2級の経験やスキルを身に着けるという点では、短期間でも多くの症例を勉強することができるので、ホームヘルパー2級の資格を取得したばかりの人が経験値を高めるためには、理想的な職場ではないでしょうか。

介護療養型医療施設では、基本的に介護および医療のニーズがある人のみが入居できるというルールがあります。そのため、状態が良くなれば自宅へ帰宅するために退所しなければならず、この点は入居者が最期まで入居していられる特別養護老人ホームと大きく異なる点と言えるでしょう。個室が完備されている施設はありますが、大半の場合には病院の大部屋のような多床室となっていて、入居者のプライバシーはあまりありません。だからこそ、排泄介助や入浴介助においては、できるだけ入居者のプライバシーを尊重するケアを提供したいものです。

この施設は地域密着型の施設なため、ホームヘルパー2級の求人募集はハローワークやネット、また施設を運営している病院のロビーで張り出されるなど、さまざまな場所で募集されています。夜勤も含めたシフト勤務をする職場ですが、夜勤をすれば手当がつきますし、職場によって手当の単価やお給料が異なるので、うまく探せばホームヘルパー2級で高収入を稼げる職場を見つけることもできるでしょう。ただし、条件が良い職場は大勢が応募するので、あっという間に埋まってしまいます。不採用でもあきらめずにチャレンジすることが、採用への近道かもしれませんね。経験が少ないホームヘルパー2級なら、条件や待遇を妥協することで採用されやすくなるので、仕事選びではそうした戦略も必要でしょう。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.