介護老人保健施設のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> 介護老人保健施設

介護老人保健施設のホームヘルパー2級の求人

略して老健と呼ばれることが多い介護老人保健施設は、入居者の介護レベルは軽度の人から重度の人まで様々ですが、入居者の費用負担が少ないという特徴があり、入居を希望する人が大勢います。施設によっては数年待ちという長い待ち時間が発生している所もあり、入居者にとってはとても人気が高い介護施設のタイプとなっています。ホームヘルパー2級にとって、介護老人保健施設で働くことは、体力的にも精神的にもかなりタフな職場と言えます。その理由は、入居者の介護レベルがその人によって大きく異なるため、一人一人の入居者に合わせて適切な介護補助を提供しなければいけないからです。重度の介護レベルの人のケアではかなり体力を使いますし、体が不自由だけれど元気いっぱいの入居者の中には、スタッフに対して悪態をつくような人もいたりするため、体力的にタフであるだけでなく、精神的にもタフでなければ勤めることは難しいでしょう。

介護系の施設では、入居者の介護レベルが施設ごとに異なるため、提供される介護ケアの種類が異なります。介護老人保健施設の場合には、入居している入居者は65歳以上の高齢者というだけでなく、介護レベルは1から5まで幅広いですし、認知症の入居者もいるため、ホームヘルパー2級が提供する介護ケアのサービスも幅広くなります。食事や排せつ、入浴の介護に加え、リハビリを行う入居者に対しては、理学療法士や作業療法士のアシスタント的にお手伝いをしたり、医師や看護師のアシスタント的なお仕事もこなすことになります。医療行為を全く行わない介護施設の場合には、医師や看護師が常駐していないところが多く、そうした医療スタッフのアシスタント的なお仕事をホームヘルパー2級が行うことは一切ありません。しかし医療スタッフが常駐している介護老人保健施設の場合には、アシスタントという立場ですがホームヘルパー2級は幅広い職務にチャレンジすることができます。

介護老人保健施設では、一般的な老人ホームで提供しているような買い物やレクリエーションなどはあまり積極的には行っていません。基本的には身体機能の回復を目指すための施設なので、生活を豊かにするようなサポートはどうしても優先順位が低くなってしまうわけですね。また、この施設では入居者の平均的な滞在期間は1年程度と短いため、入居を希望する人にとっては比較的入居しやすい施設が多くなっています。そのため、ホームヘルパー2級のニーズは常に高く、求人募集が随時行われている施設もあります。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.