一般病院のホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> 一般病院

一般病院のホームヘルパー2級の求人

一般病院は、けがや病気の治療を受けるために患者さんが短期間滞在する機関なので、介護系スタッフのニーズは老人ホームなどの介護施設ほど高くありません。しかし、病院にも食事介助や排泄介助などが必要な患者さんはいるため、ホームヘルパー2級のニーズもあります。ただし、病院という医療機関は介護施設と比較するといろいろな点で大きな違いがあるので、求人募集に応募する際には違いをよく理解した上で応募することが必要です。

まず、一般病院におけるホームヘルパー2級のお仕事は、けがや病気などで体が思うように動かなくなってしまった患者さんや高齢者の介助を主に行います。介護施設や老人ホームなどでは入居者とのコミュニケーションがとても大切なので、一つ一つの作業を時間をかけながら行っても特に問題はありませんが、一般病院の場合には、そうしたコミュニケーションや人間関係を築くことは最優先課題ではないため、黙々と仕事をこなすことが多くなります。ホームヘルパー2級として働きたいけれど他人とコミュニケーションをとるのが苦手という人や、対人スキルに自信がないという人なら、病院で働くことは苦手な部分で努力する必要があまりないという点では働きやすいと感じるかもしれませんね。

また、病院には介護施設のようなお風呂が設置されていないことが多いため、寝たまま機械浴を行う所が多いものです。そのため、介護施設で身に着けた入浴介助のスキルがあまり役に立たない可能性があることは、理解しておきましょう。しかし、機械浴の方法やスキルを身に着けることができるので、たくさんの経験をしてスキルアップしたいという人にとっては、やりがいを感じることができます。

介護施設と一般病院とでは、同じホームヘルパー2級の資格を生かして働く場合でも、お給料に大きな差が出てくることがあります。一般病院の方がお給料の点では高めに設定されていることが多いですし、ホームヘルパー2級にも夜勤が求められる場合には、夜勤手当も福祉施設よりも単価が高い病院が多いため、高収入を稼ぎやすくなります。また、病院によっては、ホームヘルパー2級は正社員ではなくパートのみという雇用形態という所もあるため、病院で働きたい人は雇用形態などの面でフレキシブルに対応したほうが仕事は見つかりやすくなるでしょう。もしも正社員として働ける場合には、病院が準備する寮に入ることができる可能性もあるので、その辺も仕事探しでは要チェックですね。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.