グループホームのホームヘルパー2級の求人

ホームヘルパー2級転職TOP >> 勤務先別 >> グループホーム

グループホームのホームヘルパー2級の求人

グループホームとは、介護のニーズがそれほど高くない人が入居し、家族的な生活を行うことによって認知症の進行を抑制することができる介護施設です。ここで生活する入居者は、服を着替えたり食事、排泄など基本的な日常生活は自分1人で出来ることが入居の条件となっている施設が多いため、介護が必要と言っても重度の介護は求められていません。そのため、ホームヘルパー2級にとってグループホームで働くということは、体力的にはそれほどハードではない職場と言えるでしょう。

グループホームは、一般的に5人〜9人という少人数の入居者で構成されているため、必要となるホームヘルパー2級の数はそれほど多くありません。また、入居者の介護レベルが低いため、施設によっては働くホームヘルパー2級が数人だけということは珍しくありません。この介護施設には認知症の兆候が認められている入居者が多いため、認知症に関して専門的な知識を持ったスタッフが常駐していますが、ホームヘルパー2級も夜勤や週末勤務を含めてシフト勤務で働くのが一般的です。夜勤がない職場で働きたい人にとっては、グループホームは理想的な職場ではないかもしれませんが、少人数でアットホームな雰囲気で働きたい人や入居者と人間関係を築きたい人にとっては、満足度が高い職場と言えるでしょう。

グループホームは地方自治体や社会福祉法人、NPOなどの機関によって運営されていることが多いため、働くホームヘルパー2級のお給料は、民間経営の老人ホームと比べるとそれほど高待遇とは言えない職場が多いという特徴があります。そのため、ホームヘルパー2級として高収入を得たいという人よりは、やりがいや充実感を求めて働きたいとい人におすすめの職場ではないでしょうか。認知症を患っている入居者が多いため、この分野でより高い専門知識やスキルを身につけたい人や、上級資格の取得を目指している人にとっては、グループホームでの経験はスキルアップやキャリアアップにもつながりやすくなります。また、このタイプの介護施設ではレクリエーションを重視するため、レクリエーション系の資格取得を目指す人にとっても、おすすめの職場と言えるでしょう。

グループホームにおけるホームヘルパー2級の職務は、基本的には食事や掃除、洗濯など身の回りの生活において、入居者が必要な介護を提供するということになりますが、1人で身の回りのことができる事がホームの入居条件になっているため、入居者が1人で出来ることは手を出さずに見守るというスタンスとなります。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.