ホームヘルパー2級の仕事内容は?

ホームヘルパー2級転職TOP >> FAQ >> ホームヘルパー2級の仕事内容は?

ホームヘルパー2級の仕事内容は?

ホームヘルパー2級の仕事内容は、どんな職場で働くかによって異なりますが、一般的には食事や入浴、排せつの介助をはじめとして、身の回りの生活でアシスタントが必要な場合にお手伝いをするのが主な仕事内容となります。しかし、利用者の状態によっては体力的にかなりハードな職場もあれば、夜勤や週末に仕事をしなければいけない職場もあります。そのため、ホームヘルパー2級として働ける仕事を探す際には、自分がそこで働いている姿を具体的にイメージしながら、続けられそうかどうかを決めると良いでしょう。

例えば訪問介護を行うホームヘルパー2級の場合には、一日にいくつもの訪問先をスケジュールに組まれて拘束時間が丸一日になる職場もあれば、パートなどで週に1回だけ1時間の介護サービスを提供するというお仕事もあります。また、利用者の状態によっては15分〜30分単位で利用者宅を訪問し、体位交換やおむつ交換しなければいけないケースもあるため、訪問介護のお仕事と言ってもすべて同じわけではありません。

ホームヘルパー2級のお仕事は、職場ごとに仕事内容はどのぐらいの体力が必要かが異なります。体力に自信があるけれどコミュニケーションスキルには自信がない人なら病院がおすすめですし、体力的にハードではない職場を希望する人なら、要介護度が低い老人たちが生活する有料老人ホームなどが良いでしょう。どの職場でも、排泄介助をする時には手袋やマスクを着用しますし、入浴介助をするとホームヘルパー2級も浴室の温度と湯気によって汗びっしょりになります。そうした環境で毎日入居者の介護をしていると、入居者からお礼を言われたり意思疎通ができた時には大きな満足感や達成感、そしてやりがいを感じることができます。この点はホームヘルパー2級の多くに共通しています。

ホームヘルパー2級のお仕事は、食事や排せつ、入浴など利用者が1人で出来ないことをサポートするお仕事のため、決してキレイで汚れないお仕事というわけではありません。人によっては3Kのお仕事として避ける人もいるほどの大変なハードワークです。しかし、ホームヘルパー2級がサポートするものは、利用者の物理的な介助作業だけではなく、心のケアもするということを忘れてはいけません。利用者は、他人にそうした介助を依頼することを申し訳ないと感じていることが多く、頼みたいことがあっても遠慮してしまうケースは少なくないのです。そうした気持ちを汲み取って、利用者の立場になって必要なことをサッと提供できるホームヘルパー2級になることができれば、たくさんの施設から引く手あまたになることは言うまでもありませんね。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.