ホームヘルパー2級の夜勤事情は?

ホームヘルパー2級転職TOP >> FAQ >> ホームヘルパー2級の夜勤事情は?

ホームヘルパー2級の夜勤事情は?

ホームヘルパー2級が活躍する職場の中には、夜勤が伴う職場もあります。例えば、老人ホームや福祉施設など、入居者がそこで夜を過ごす施設だと、夜間の万が一に備えてホームヘルパー2級も夜勤をしなければいけないことがあります。しかし、病院のように夜間に緊急患者が搬送されてくることはありませんし、入居者の容態が急変するということはごく稀にしか起こらないため、夜勤と言っても慌ただしく忙しいわけではなく、仮眠が取れることが多いのが特徴です。

ホームヘルパー2級の夜勤には、メリットとデメリットがあります。まずメリットは、夜勤をする事によって夜勤手当がつくので、収入アップが期待出来るという点ですね。夜勤手当は職場によって幾らつくのかが異なりますが、目安としては夜勤1回ごとに3000円〜5000円程度となります。職場によっては、夜勤専従で求人募集をしている所があり、もしも昼間は学校に通っているという人や、毎日夜勤で働きたいという人、高収入を稼ぎたいという人なら、毎日夜勤で働くことも可能です。昼間だけ働くよりも、夜勤だけの方が収入面では明らかに高収入が期待できるので、その点は夜勤のメリットと言えるでしょう。

夜勤をするデメリットですが、1つ目のデメリットは、体調管理が難しいという点があげられます。今日は日勤、明日は夜勤という不規則な勤務時間で働くことによって、誰でも体調管理が難しくなってしまい、体調を崩しやすくなります。また、寝ても疲れが取れないなどのトラブルを抱えやすくなるため、体調管理は夜勤で働くホームヘルパー2級にとっては、とても重要な課題と言えるでしょう。

2つ目のデメリットは、育児との両立が難しいという点です。パートナーが育児に協力してくれるなら、不規則な勤務時間でも働くことはできますが、パートナーが忙しい人やシングルマザーにとっては、不規則な勤務時間に対応してくれる保育園を探さなければいけません。昨今の保育園事情を考えると、これはかなり難しく、育児と両立ができないから夜勤のある場所では働けないというホームヘルパー2級はたくさんいます。

夜勤は無理な人でも、ホームヘルパー2級飲資格を生かして働くことは可能です。訪問介護ステーションなど、利用者の自宅を訪問するタイプのお仕事や、デイサービスセンターなど平日の昼間のみのお仕事は全国各地にたくさんあります。ただし人気が高いので、求人募集が出たらすぐに応募するようにしましょう。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.