ホームヘルパー2級と1級の違いは?

ホームヘルパー2級転職TOP >> FAQ >> ホームヘルパー2級と1級の違いは?

ホームヘルパー2級と1級の違いは?

ホームヘルパーには、2級と1級とがあります。ホームヘルパー2級の資格は介護業界においては入門的なものですが、ホームヘルパー2級を取得して実務経験を積みながら、1級の資格取得を目指す人はたくさんいます。ホームヘルパー1級の資格を取得すると、福祉業界ではとても貴重な人材となるため、転職活動では高収入や高待遇で働けるお仕事が見つかりやすくなりますし、仕事内容も肉体的にハードなお仕事ばかりではなく、訪問介護や育成介護における介護プランをケアマネ―ジャーとともに作成するような作業に取り組むこともできます。介護サービスを提供する際には、サービス提供責任者として働くこともできるようになり、後輩の育成や指導という職務も行うことが可能です。分かりやすく言うと、上司という立場で働けるのが、ホームヘルパー1級と言えるでしょう。

実際の介護現場における作業内容も、ホームヘルパー2級とホームヘルパー1級とでは若干異なります。介護施設に入居している高齢者の中には、痰を吸引しなければいけない人がいますが、以前は喀痰吸引は医療行為に分類されていたため、ホームヘルパーは1級でも2級でも作業することは認められていませんでした。しかし現在では、喀痰吸引はホームヘルパー2級は行うことができませんが、ホームヘルパー1級を持っている人なら行うことができるようになっています。

ホームヘルパー1級の資格は、ホームヘルパーとしては最上資格となりますし、1級を取得したら次は国家資格である介護福祉士の取得を目指すことができます。介護福祉士の資格を取得するためには、必要な条件の一つにホームヘルパー1級の実務者研修を受講しなければいけませんが、すでにホームヘルパー1級を持っている人なら受講する必要はありません。そのため、将来的に介護福祉士を目指している人なら、ホームヘルパー2級の次はホームヘルパー1級へとスムーズに進むことが理想的ですね。

ホームヘルパー2級は入門的な資格なので多くの人が取得していますが、そこから1級の取得を目指す人はそれほど多くはありません。そのため、介護のお仕事で高収入を稼ぎたい人なら、2級だけで満足せずに実務経験を積み重ねながら1級まで取得したほうが良いでしょう。また、ホームヘルパー2級を募集している求人募集に対して1級保持者が応募する際には、交渉次第で待遇をよくしてもらえる可能性もあります。持っている人が少ない資格だからこそ、実務においては待遇面も満足できる条件で転職したいですね。

ホームヘルパー2級の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 ホームヘルパー2級向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.